• 湘南ベルマーレ
人材募集のご案内

会社案内

  • WEBでかんたん!お問い合わせ 今なら30分無料
  • YMG林会計って、どんな会計事務所?
  • ビジネスに役立つ メールマガジン 毎月配信中!
  • 会社経営のヒントがたくさん!無料セミナーへGO!
  • YMGっていかがでしょう?お客様の声
  • YMGで活躍するSTAFF紹介
  • YMGに届いたハッピーな声
  • YMGオリジナル絵本
YMG STAFF BLOG
2020.04.29 レムデシビル
YMG林会計事務所・佐藤です。 新型コロナウイルスの治療薬として今、候補に上がってきている抗ウイルス
2020.04.10 新型コロナウイルス
税理士法人林会計の?橋秀です。新型コロナ感染がとまりません。昨日も東京は181人の感染者と発表があり
一覧はこちら
  • はんこ屋さん21新横浜
  • 相続手続支援センター神奈川
  • 相続税専門ページ
  • wisdom-school
  • YMGsoft

スタッフブログ

2020年4月

  • Date.20.04.29

    レムデシビル

    YMG林会計事務所・佐藤です。

    新型コロナウイルスの治療薬として今、候補に上がってきている抗ウイルス薬「レムデシビル」

    この薬が近く承認される見通しとなり、海外で承認されれば

    日本政府も審査を容易に承認(特例承認)する方向で

    早ければ5月中に薬事承認されるようです。

    レムデシビルは、エボラ出血熱の治療薬として開発され

    ウイルスの増殖を抑える点が、新型コロナウィルスにも効くのではないかと期待され

    ドイツ、アメリカや日本、韓国などが共同で臨床試験進めている状況です。

    何より早く、新型コロナウイルス治療薬に承認され、感染拡大が治まるように願います。

    経営計画・相続・確定申告は毎年1000件の実績!神奈川県横浜市の会計事務所「YMG林会計」

  • Date.20.04.10

    新型コロナウイルス

    税理士法人林会計の?橋秀です。

    新型コロナ感染がとまりません。
    昨日も東京は181人の感染者と発表がありました。
    本当に心配です。
    皆様も体力を維持していって自己免疫力を高めていきましょう。
    免疫力を高めるには
    ・十分な睡眠
    ・体を冷やさない
    ・腸内環境を整える
    ・日光浴
    ・よく笑う
    だそうです。
    当然ですが手洗い、うがい、マスク着用は必ず続けていきましょう。


    経営計画・相続・確定申告は毎年1000件の実績!神奈川県横浜市の会計事務所「YMG林会計」

  • Date.20.04.07

    虎もコロナ感染!?

    きのう ネット記事にニューヨークの動物園の虎がコロナに感染したとの記事がありました。
    やはり、生き物には感染するんですね。同じようにペットの飼い犬が感染などというのも散見されます。
    我々も手洗い、うがいを励行し、感染から身を守りましょう。

    そこで、当社では、テレワーク対応の練習期間に入りました。
    機材や仕組みは一通り試して、来るべき「外出自粛」に備えましょうと。

    やってみると、意外とできますね。
    テレビ会議ができる『Zoom 』を使い、様々なことを試しています。
    これでお客様とのやり取りも距離感なく対応できます。
    ご安心ください。

    野球の世界でも虎に感染者がいるようで。虎は感染しやすいのかな?

    経営計画・相続・確定申告は毎年1000件の実績!神奈川県横浜市の会計事務所「YMG林会計」

  • Date.20.04.06

    緊急事態宣言

    こんにちは。
    税理士法人YMG林会計の宮澤です。
    遂に、明日7日に新型ロナウイルスの感染者急増を受け、
    政府は、緊急事態宣言を発令する方針を表明致しました。
    期間は、5月6日(水)までの1カ月間で、7都府県が
    東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、福岡)が
    対象地域となります。
    明日以降、弊社においても、在宅勤務を認めており、
    私も近日中に実際にテレワーク行う予定となっております。
    しかしながら、すべてテレワークで行うことはできません。
    会社でないと出来ない作業があり、問題点はいくつもありますが、
    少しでも感染の確率を下げる努力をする所存です。

    経営計画・相続・確定申告は毎年1000件の実績!神奈川県横浜市の会計事務所「YMG林会計」

  • Date.20.04.03

    雪でスノー、空でスカイ。

    朝が、明けるのが早くなりました。

    会社に出勤するときに、車両を利用しています。

    朝のドライバーは、大変に怖いです。

    右折車線に並んだ車が、信号が、変わる前に直進で走り始めます。

    信号が、赤でも目視で、安全確認をして走り出します。

    1車線走行の信号で左折者が、横断歩道の歩行者の横断を待っているので、直進車が、順番を待っている列の3,4台後の車が、対向車線に出て追い越していきます。

    スピードを出して後ろから車がどんどん迫ってきます。

    ぴったりと後ろについて、威圧してきます。

    事故が起きないのが不思議なくらいです。

    皆さんは、ぜひ安全運転をお願いします。

    経営計画・相続・確定申告は毎年1000件の実績!神奈川県横浜市の会計事務所「YMG林会計」

  • Date.20.04.01

    居住用賃貸建物の取得等に係る仕入税額控除制度の見直し

    こんにちは。マジシャンです。

    昨年1212日、自公両党は令和2年度税制改正大綱を発表しました。

     

    その中に、居住用賃貸建物の取得等に係る仕入税額控除制度の見直しがあります。

     

    消費税本則課税において、(売上消費税額)<(仕入消費税額)の場合、差額の消費税額については還付を受けることができます。

    消費税法上、その期の課税売上・非課税売上のバランスにより、仕入税額控除の金額が決定するシステムになっています。非課税売上がその期に多い場合には、非課税売上に対応する仕入税額は、一定計算の上で除外されることになっています。

    このため、居住用賃貸建物の建築時における仕入消費税額の還付は、税法上多くのハードルがあり、適用が困難な場合が多いのですが、あの手この手で還付を受けるケースが出てきていました。

     

    その1つが金地金を使った方法です。多額の金地金取引(課税取引)を3年間継続的に行うことで、もともと免税事業者であるところに消費税の課税事業者を選択し、かつ賃貸事業(非課税取引)開始時期を次期以降にずらし、賃貸建物の完成引渡し時期を当期に設定することで、仕入税額にカウントされるはずのない賃貸建物の消費税額(非課税売上に対応する仕入税額)が、還付されてしまうのです。税法上、課税売上・非課税売上のバランスも3年間監視されるのですが、金地金取引を継続することでクリアしていました。

     

    今回の改正では、その購入の課税時期の課税売上・非課税売上のバランスにかかわらず、用途を居住用賃貸とする建物(契約内容・構造等で判断)の購入時消費税額については、仕入税額控除できないこととしました。これには棚卸資産も含まれることになるため、不動産事業を営んでいる者にとっては個人法人問わず厳しい措置になります。ただし3年以内に売却(又は課税事業用賃貸へ転用)すればその際に仕入税額控除が可能です。

    本改正は令和241日以降の契約で101日以後の建物の購入分から適用になります。

     

    税制改正関連法案は令和2228日、衆議院本会議にて賛成多数にて可決されたことにより、参議院での審議を経て3月中の成立となります。税制改正についての詳細は、今後、逐次発表されることになりますので、新聞等での発表にご留意ください。

     

    経営計画・相続・確定申告は毎年1000件の実績!神奈川県横浜市の会計事務所「YMG林会計」