人材募集のご案内

会社案内

  • WEBでかんたん!お問い合わせ 今なら30分無料
  • YMG林会計って、どんな会計事務所?
  • ビジネスに役立つ メールマガジン 毎月配信中!
  • 会社経営のヒントがたくさん!無料セミナーへGO!
  • YMGっていかがでしょう?お客様の声
  • YMGで活躍するSTAFF紹介
  • YMGに届いたハッピーな声
  • YMGオリジナル絵本
YMG STAFF BLOG
2017.10.11 CSファーストステージ
いよいよ14(土)よりクライマックスシリーズ ファーストステージが 甲子園で始まります! 我らが横浜
2017.10.04 今年の目標達成度(続編)
  こんにちは。YMG林会計の阿左見です。    秋の気配を感じる時
一覧はこちら

おすすめ書籍

  • はんこ屋さん21新横浜
  • 相続手続支援センター神奈川
  • 相続税専門ページ
  • wisdom-school
  • YMGsoft
  • Mini Cafe

会計用語集

寡婦控除(特定の寡婦)

寡婦控除とは、女性の納税者が所得税法上の寡婦に当てはまる場合に受けられる所得控除であり、控除できる金額は27万円です。


【寡婦の要件】
寡婦とは、納税者本人が女性で、原則としてその年の12月31日の現況で、次のいずれかに当てはまる人です。
(1) 夫と死別し、若しくは離婚してから結婚をしていない人、又は夫の生死が明らかでない一定の人で、扶養親族がいる人又は生計を一にする子がいる人です。
この場合の子は、総所得金額等が38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない人に限られます。
(2) 夫と死別してから結婚していない人又は夫の生死が明らかでない一定の人で、合計所得金額が500万円以下の人です。この場合は、扶養親族などのは要件はありません。


【特定の寡婦】
寡婦に該当する方が次の要件のすべてを満たすときは、特定の寡婦に該当し、寡婦控除の額を27万円に8万円を加算した35万円とする特例があります。
(1) 夫と死別し又は離婚した後結婚していない人や夫の生死が明らかでない一定の人
(2)扶養親族である子がいる人
(3)合計所得金額が500万円以下であること